加越屋徳兵衛の電車大好き~浅電な日々~

kaetuya55.exblog.jp

カテゴリ:金沢の現代建築( 2 )

金沢駅東口広場と県立音楽堂

金沢市民からは賛否両論の建築物...
金沢の玄関口...金沢駅東口広場にドカ~ンとそびえ立つのが
e0209441_19124470.jpg

「鼓門(つづみもん)」です。名前の通り鼓をイメージしたモニュメントです。
今から6年前にこの門と強化ガラスの「もてなしドーム」が完成しました。
外から見たらこんな感じ...
e0209441_19171495.jpg

ドームは大きすぎて内部からは全景が入りきらない...
e0209441_19184941.jpg

これが金沢の玄関口にふさわしいのかどうか...って議論はちょっとありました。
でも...長いもんに巻かれる保守的な土地柄ですから...もう既成事実で
あれよあれよって言う間に完成しちゃいました(笑)
まあ無駄かどうか...って議論は置いておいてインパクトある建築物ですわ(笑)


で、その「もてなしドーム」に隣接しているのが...石川県で初めての
オーケストラ専用のコンサートホール「石川県立音楽堂」です!
e0209441_19312385.jpg

これははっきり言って自慢できます!!!
僕の大好きな「オーケストラアンサンブル金沢」が本拠地として使用しています。
地方都市に分不相応なハコが多いなか、このホールは絶対に自慢できます!!!!
今は亡き岩城宏之氏が心血を注いで作り上げたオーケストラがここで演奏をしています。
今の音楽監督は井上道義氏です。地方都市を拠点とするオーケストラの中でも
ピカいちのオーケストラだと思っています。

実は...このコンサートホールはふたつの顔があります...
正面はオーケストラ専用のコンサートホール、そして...うしろに回ると...
e0209441_19423383.jpg

金沢で盛んな能や狂言、謡、歌舞伎などの邦楽ホールも併設されています。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-03-23 19:44 | 金沢の現代建築

親子で作った素敵な図書館「金沢市立玉川図書館」

今日、先日行った「金沢市立玉川図書館」へ再び行って来ました。
e0209441_11513665.jpg

設計は金沢出身の建築家谷口吉郎と息子の谷口吉生です。
谷口吉郎は戦後のモダニズムの建築家です。有名な建築では「東京国立近代美術館」があります。
同氏の建物は金沢に多く残っています。
息子の谷口吉生はこの図書館の設計の後、次々と作品を発表してきました。有名な建築では...
「葛西臨海水族園」や「ニューヨーク近代美術館」などがあります。

さて...「金沢市立玉川図書館」ですが...
竣工は昭和53(1978)年です。施工は大成建設。
e0209441_12102268.jpg
e0209441_12104326.jpg


先日紹介した「近世史料館(旧日本専売公社・金沢煙草製造所)」に隣接しています。
e0209441_12262692.jpg

自然光が差し込むような全面ガラス張りで、吹き抜け天井の内部は非常に開放感があります。
e0209441_12291882.jpg
e0209441_12293262.jpg

e0209441_1253356.jpg

鉄骨と鋼鈑でできている斬新な建築物ですが、レンガを使用したりアトリウムに配置
された樹木で「玉川公園」や「近世史料館」との一体感があります。
e0209441_12334954.jpg
e0209441_12342100.jpg


親子が作った素敵な金沢の図書館です。
[PR]
by kaetuya55 | 2010-11-28 12:54 | 金沢の現代建築