加越屋徳兵衛の電車大好き~浅電な日々~

kaetuya55.exblog.jp

カテゴリ:北陸の歴史建築( 12 )

旧武生市内の街並み...

敦賀発13:39普通電車247Mで武生へ...約30分で到着です!

武生駅の隣にある「観光・匠の技案内所」でレンタサイクルを借りて...
こんなガイドマップをもらいました。
e0209441_1393316.jpg

案内所のスタッフのおばちゃん方に丁寧に説明をしてもらいました。
では...チャリチャリと出発です!

武生は平安時代に越前の国の国府があったところです...
江戸時代はお城ではなく幕府領の陣屋がありました。

戦災や震災に遭った福井市と比べると歴史的な建物が多く残っています。
今回の遠足の第二の目的は...武生の街並みを見て回ること...
加越屋の好みの古~い建物が多いです!
街も狭いから自転車でチャリッと廻れます!
そんなに観光地化されていないから...ゆっくりと見て回れますよ。
みなさん!一度、訪ねてみてはいかがですか?
[PR]
by kaetuya55 | 2011-06-26 13:18 | 北陸の歴史建築

金名鉄道(現北陸鉄道) 加賀一の宮駅(廃駅)

加賀一の宮駅は、加賀国一の宮、白山神社の総本社、白山比咩(しらやまひめ)神社の門前駅でした。
e0209441_10255640.jpg

竣工は1927(昭和2)年です。先述の鶴来駅と同時期に建てられた木造駅舎です。
名古屋まで結ぶ計画だった金名鉄道の始発駅になります。当時は「神社前駅」として開業しました。
e0209441_1030031.jpg

駅舎は純和風で、唐破風の車寄せなどが門前駅らしい造りになっています。
e0209441_10324042.jpg

瓦が敷き詰められた入母屋造りの屋根にも風格を感じます。
e0209441_10333721.jpg

正面には古いタイプの照明が...
e0209441_10342780.jpg

何とも言えないレトロな感じを醸し出しています。
営業していたころの駅舎の写真です。
e0209441_10381949.jpg

立派な木製の看板が誇らしく掲げられていました。
年末年始の初詣シーズンは臨時電車が増発されるなど賑わっていました。
しかし、残念ながら2009(平成21)年10月に鶴来駅から当駅間が廃止となりました。
e0209441_10435295.jpg

廃駅になって2年弱が経過して、残された錆びた軌道が寂しさを増しています。
e0209441_103701.jpg

駅近くの公園には今が盛りのチューリップが...
e0209441_10454329.jpg

[PR]
by kaetuya55 | 2011-05-03 10:46 | 北陸の歴史建築

旧大野織物共同組合事務所(現 平成大野屋)

越前大野の観光の中心地「七間通り」と「本町通り」の角に建つ建物です。
旧大野織物共同組合事務所は繊維業の盛んな福井の中でも機屋さんの多かった
越前大野の繊維業の中心となる建物で1937(昭和12)年に竣工しました。
当初は大野織物工業協同組合の織物検査場として建設されました。
e0209441_1311643.jpg

木造2階建て、瓦葺でドイツ下見板張りになっています。2階窓から上は
塗り壁仕上げとなっています。
e0209441_136196.jpg

左手玄関部分の床や壁はスクラッチタイルやモザイクタイル仕上げになっています。

設計は福井県内で多くの近代建築の設計を手掛けた今藤仁三郎です。
棟梁は大野で多くの近代建築の工事を施工した山形甚吉です。

現在は「平成大野屋」として大野市の地場産品を扱う観光施設になっています。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-04-05 13:12 | 北陸の歴史建築

旧岩治医院

この建物が、今回の大野訪問の大きな目的でした。
旧京福電鉄大野三番駅(廃線のため現存せず)近くに建つ...
「旧岩治医院」です。
e0209441_1736336.jpg

e0209441_17361556.jpg

この建物は1912(明治45)年建てられたもので、木造2階建て、入母屋、桟瓦葺き、外壁は下見板張りで、基礎は石積み、腰壁は煉瓦調の壁になっています。設計・施工は松原喜太郎。
e0209441_17384473.jpg
e0209441_17385396.jpg

赤い煉瓦積みに似せた腰壁とドイツ下見板張に青ペンキ塗の額縁と上げ下げ窓をもつ外観は周囲に現存する町屋や商家と違った異色な建物になっています。
e0209441_17435049.jpg

大野に現存する数少ない明治期の洋風建築物です。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-04-04 17:46 | 北陸の歴史建築

大野治安裁判所(現 大野市民俗資料館)

この建物は1889(明治22)年に大野治安裁判所として建てられました。
e0209441_1375486.jpg

外観は寺社仏閣風の建物ですが、内部は、中央の廊下の両側に部屋を取る配置や、
玄関や各部屋のドア、大きなガラス窓や高い天井など、洋風の構成をもっています。
e0209441_1382541.jpg

e0209441_1383838.jpg

e0209441_1381282.jpg

雪囲いがまだ施されているため全景をはっきりと撮ることができませんでした。
e0209441_13101949.jpg

明治中期の地方の裁判所としては、現存するものが少なく全国でも貴重な建物となっています。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-04-04 13:12 | 北陸の歴史建築

越前大野

福井駅から越美北線で約1時間のところに越前大野はあります。
この加越屋徳兵衛の故郷でもあります。
...と、言っても生まれて2ヶ月しか住んでいなかった...もちろん記憶はありません(笑)

この町の歴史は安土桃山時代に織田信長の家臣であった金森長近が入封して城を構えた時代まで遡ります。金森長近は城や街づくりのプロで大野盆地の中心である亀山に城を築き城下町を碁盤の目のように整備しました。今も朝市で有名な七間通りやメインストリートの六間通りなど城に直角が「〇間通り」並行する通りが「〇番通り」と呼ばれています。

e0209441_12284070.jpg

ほとんどの通りからはこのようにお城を見ることができます。

江戸時代中期、土井家が入封し幕末まで治めました。

大野は白山や周辺の山々からの湧水が豊富な水の都とも言えます。
国の天然記念物イトヨが生息する本願清水があったり街中に用水が廻らされていたり...
街の中心部には昔ながらの町屋や商家が残っています。
e0209441_1239668.jpg

e0209441_1240136.jpg

...写真のどれも造り酒屋さんってのが加越屋らしいですが(笑)
上が「花垣」の南部酒造さん、下が「一乃谷」の宇野酒造場さんです。

この街は見どころ、そして美味しいところがいっぱいです。
途中下車の1時間ほどではとても足りません。また、今度ゆっくり来なきゃ...
[PR]
by kaetuya55 | 2011-04-04 12:49 | 北陸の歴史建築

福井精錬加工株式会社社屋(現 株式会社セーレン本館)

北陸は江戸時代から繊維産業が盛んな地域でした。
北陸で織られる「羽二重」は明治時代には有力な日本の輸出商品のひとつでした。
そんな北陸・福井に1889(明治22)年が福井精錬加工株式会社設立されました。
この建物は1937(昭和12)年に竣工の本社ビルです。
e0209441_10381240.jpg

当時、福井市内には鉄筋コンクリートのビルが少なく
「福井市にあった最も堅牢な鉄筋コンクリート造の建物」と言われました。
e0209441_10403016.jpg

戦災・震災と二度の大災害に耐え、当時のままの姿を今に残す貴重な建物です。
e0209441_10414946.jpg

見た感じは解りにくいのですが、二階を正面入り口とする玄関や、
そこから左右に伸び、やや勾配のある車寄せスロープが特徴的です。

当時、絶頂を誇った北陸の繊維産業のシンボルとも言える建物です。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-04-03 10:46 | 北陸の歴史建築

敦賀遠足...おまけ、敦賀気比神宮

先日の敦賀遠足でアップしていないトコが...
そうです...敦賀気比神宮です!!!!!

赤レンガ倉庫を見た後に向かいました...

先ずは正面の大鳥居...
e0209441_16133730.jpg

実はこの鳥居...国の重要文化財に指定されているんです!
知らんかった...今から350年以上昔の江戸時代初期に建立されました。

鳥居をくぐり石畳を進むと...
e0209441_16163390.jpg

立派な拝殿があります。
この拝殿は昭和20年の空襲で焼失したのち昭和25年に再建されました。
北陸の神社の拝殿の中ではかなり立派な拝殿です。

中では赤ちゃんの初参りかな...可愛らしい赤ちゃん連れの家族がお参りに来ていました。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-03-30 16:21 | 北陸の歴史建築

旧大和田銀行本店(現敦賀市立博物館)

Jessicaさんと行く敦賀遠足の僕にとってのメインはこれ...
e0209441_12515026.jpg

敦賀市だけではなく昭和初期の日本を代表する銀行建築...
大和田銀行本店です。
大和田銀行は1892(明治25)年に敦賀の財閥大和田荘七によって設立されました。日清・日露そして第一次世界大戦で大きく業績を伸ばし、当時の国際都市敦賀そして北陸を代表する銀行でした。

2代目本店のこの建物は、その大和田荘七が当時の金額で35万円の巨費を投じて、1927(昭和2)年に竣工させた鉄筋コンクリート3階建(地下1階)の建物です。
e0209441_1355530.jpg

昭和初期に建てられた銀行の特色であるギリシャ神殿風の意匠が随所見られます。
e0209441_139896.jpg

e0209441_134283.jpg

1階と地下の1部が銀行として利用され、2階は迎賓や社交施設、3階は公会堂、地下はレストラン、屋上はビアガーデンになっていたそうです。また、北陸地方の建築物では初めてエレベーターが設置されました。
e0209441_1352588.jpg


因みに...俳優の大和田伸也・大和田 獏 兄弟は大和田荘七の子孫とのことです。
[PR]
by kaetuya55 | 2011-03-28 13:21 | 北陸の歴史建築

敦賀港赤レンガ倉庫...そして悲劇が...

旧敦賀港駅舎の斜め向かいにあるのが...敦賀港「赤レンガ倉庫」です
e0209441_15173463.jpg

この赤レンガ倉庫は1905(明治38)年に紐育(ニューヨーク)スタンダード石油会社が
建築した石油貯蔵用のレンガ倉庫です。
戦争中は日本軍の倉庫として使われていました。戦後ヤマトタカハシの昆布などの
海産物倉庫として活用されていました。
e0209441_15303359.jpg

2年前に国の有形登録文化財に登録されました。
e0209441_15315017.jpg


で...その時、悲劇が!
強い風にあおられた自転車が...ひっくり返って歩道横の側溝へ逆さまに...
僕のカバンと傘もいっしょに...真っ逆さ~まに落ちて...あちゃぁ~...
先日来五十肩に悩まされている加越屋はただオロオロするばかり......
そこを救ってくれたのが...神様・仏様・Jessica様!!!!
うりゃ~!!!と溝に逆さまになっていた自転車を引き上げてくれました...
何という情けないオッサンなんでしょう...加越屋は...
Jessicaさま!!!ありがとうございました!!!!!
[PR]
by kaetuya55 | 2011-03-27 15:41 | 北陸の歴史建築