人気ブログランキング |

加越屋徳兵衛の電車大好き~浅電な日々~

kaetuya55.exblog.jp

大井百貨店(現Mode大井ビル)と白き妖精!

次に紹介するのが...今回の遠足のメイン中のメイン!
大井百貨店(現mode大井ビル)です。
e0209441_14161229.jpg

昭和7(1932)年に竣工した鉄筋コンクリート3階建ての建物です。
正面2階の大きなアーチが特徴で、柱の上部にはコリント風の装飾が施され、
屋上パラペットにも蛇腹状の意匠が見られます。
e0209441_14205714.jpg


開口部は縦長の形状のものが採用され、柱を外壁側に設けて真壁風にしている為、
垂直性を強調した意匠になっています。
設計は近鉄・宇治山田駅や南海ビルディング(南海難波駅)を手掛けた久野 節です。
このようなビックネームの設計者が手掛けるということでもこの建物の凄さが窺えます。
e0209441_14332858.jpg

この大井百貨店は福井県で2番目にできた百貨店です。開店当時は武生のランドマーク
として活況を呈していました。店内は今も当時のままの雰囲気が残されています。
玄関出入口の立派な鉄製の扉、通りに面したショーウインドウ...昭和初期の
モダンな造りがいたる所に...
当時は珍しかったアメリカから輸入されたレジスターや旧店舗の看板や木版画も
残されていて展示されています。

そして...今回、私は彼女に出会ってしまいました...

e0209441_1435849.jpg

白き妖精...彼女です...

彼女は当店にマネキンとしてやってきました。
作者はあの東郷青児です。日本国内に現存する同氏のマネキンはほとんど無いそうです。
桐材を心材にして、和紙と板甫牡蠣の胡粉を使う、伝統的な日本人形の製法で制作されています。

因みに...この大井家は武生いえいえ...福井でも名家なんです。
江戸時代初期から苗字を許されていた商家で、家紋・商紋・陣笠を持ち福井県下でも老舗中の老舗!
店内にはお宝がいっぱいです!いろいろ説明をいただいた大井家の当主 大井弘行氏に感謝です。
by kaetuya55 | 2011-06-28 14:50 | 武生の建築物