人気ブログランキング |

加越屋徳兵衛の電車大好き~浅電な日々~

kaetuya55.exblog.jp

カテゴリ:金沢の洋館( 35 )

旧日本専売公社・金沢煙草製造所(現金沢市立玉川図書館近世史料館)

金沢市立玉川図書館は金沢市のど真ん中...玉川公園の隣接した図書館です。
その図書館に併設されているのが金沢市立玉川図書館近世史料館...
e0209441_19342539.jpg

大正2(1913)年に旧専売公社・金沢煙草製造所として竣工しました。
現在は、内部補強が施され、金沢市立玉川図書館別館「近世史料館」として残されています。
e0209441_1936127.jpg

e0209441_19364197.jpg
e0209441_1937790.jpg

赤煉瓦の美しいイギリス積みの外壁は精密な質感を見せています。
1階と2階の窓は大アーチ架けた内に一体化して扱い、窓アーチ、窓まぐさ、
正方形の換気口などの構成要素が、白ペンキで塗装された木製サッシとともに
単調になりがちな煉瓦造の壁面を軽快に引き締めています。
e0209441_1949188.jpg

e0209441_19494884.jpg
e0209441_19501975.jpg

屋根の棟上に規則的に配置された換気塔や遇角部の小塔が建物全体のアクセントになっています。
e0209441_1956458.jpg

e0209441_19554434.jpg

玉川公園の芝生や図書館周囲の広葉樹の木々に囲まれて、赤レンガの建物が何とも言えぬ
いい雰囲気になっています。平成8(1996)年に国の登録有形文化財に指定されています。
by kaetuya55 | 2010-11-26 20:05 | 金沢の洋館

尾張町・沢田医院

先日の散歩で撮った尾張町に残る病院建築...
e0209441_8455032.jpg

昭和6(1931)年竣工の沢田医院です。今も現役の病院です。
木造・瓦葺き2階建てで壁はモルタル仕上で窓周りはスクラッチタイル貼りです。
e0209441_8471568.jpg

建物自体は非常によく手入れがされています。
基礎部分の石組みや窓廻り・玄関周りのタイルなど、大正から昭和初期の洋風建築の
スタイルが色濃く残されています。
e0209441_8501171.jpg
e0209441_85037100.jpg

e0209441_851714.jpg
e0209441_8505477.jpg

e0209441_8534882.jpg

正面には壁飾りが4箇所、アクセントになっています。
e0209441_8563369.jpg

玄関ポーチもモルタルが真っ白に漆喰風に塗られており、ポーチ照明もレトロな雰囲気を
醸し出しています。

金沢に残る民間所有の洋館の中では保存状況が最良の部類になるのではないでしょうか。
by kaetuya55 | 2010-11-26 09:09 | 金沢の洋館

M家住宅

旧大和田銀行金沢支店の直ぐそばにこの洋館が建っています...
明治29(1896)年に建てられた「M家住宅」
e0209441_15205713.jpg

建てられた当時のままで現在に至っているのでは...と推察されます。
e0209441_15221823.jpg

木造2階建てで「ドイツ下見板貼り」の外壁が特徴です。
腰板は雪除けになっており、1階の通りに面した開口には格子が掛けられています。
また、窓は当時のままの「上げ下げ窓」になっていて換気にも配慮されています。
破風の細工や窓周りのアクセントモールなど職方の匠の技が随所に見られます。

元はホワイトかグレーの外壁塗装と思われますが、長年の風雨に晒されてちょっと
哀しい状況になっています。また、窓ガラスも一部割れていました。
金沢に現存する洋風の木造家屋では古い部類に入りますが、手入れ等問題が山積です。
しかし、個人所有のため障害が多そうです。保存に向けた活動が待たれます。
by kaetuya55 | 2010-11-24 15:36 | 金沢の洋館

元福井銀行尾張町支店(旧大和田銀行金沢支店)

近江町市場のすぐ近くにある「旧大和田銀行(現・福井銀行)金沢支店」です。
e0209441_14471872.jpg

建物全体が鉄筋コンクリートの重厚な作りです。
旧大和田銀行金沢支店として、昭和3(1928)年に建築されました。
設計・施工は福井の飛島組(飛島建設)です。
正面には...
e0209441_1451156.jpg
e0209441_1452436.jpg

e0209441_14535428.jpg
e0209441_14541560.jpg

石組みのモールで縁取られた正面玄関と石積みの階段、それとポーチ屋根の腕木は
細かい細工が施されています。見るからに「銀行」って言う感じの重厚さです。
建物の腰壁は石組みになっています。写真は近江町市場へ続く通り側です。
e0209441_1544666.jpg

近江町市場側に面した通用口と窓廻りの細工です。
e0209441_1555983.jpg
e0209441_156151.jpg

e0209441_1584717.jpg

正面上部にはアーチ状のモールに飾りが施されています。

福井銀行尾張町支店として平成19(2007)年まで営業していましたが、現在は使われていません。
今後の活用方法が気になるところです。
by kaetuya55 | 2010-11-24 15:14 | 金沢の洋館

旧石黒ファーマシー本社ビル

先日(11月20日)に少し紹介しましたが...金沢・尾張町の大通りにある
「旧石黒ファーマシー本社ビル」
e0209441_94733.jpg

大正15(1926)年建築の金沢で最も古いオフィスビルです。
当時、この界隈で鉄筋コンクリート造りで4階建ての洋風近代建築と言ったらこのビルくらいだったでしょう。
このビルの前の通りを昭和42(1967)年まで市電(北陸鉄道・金沢市内線)が走っていました。
e0209441_10122217.jpg
e0209441_10124587.jpg

e0209441_10135811.jpg

e0209441_10141221.jpg

e0209441_1019910.jpg

2~3階の窓廻りの繋がった装飾や最上部や中間部のモール装飾など当時としては非常にモダンなデザイン
ではないでしょうか。
ちょっと残念ですが、現在は1階がコンビニに改装されているため当時の正面玄関などは残っていません。
e0209441_10504144.jpg

建物右面および裏面は当時のまま残されています。

関西建築界の重鎮だった武田五一の設計です。施工は清水組(現・清水建設)
by kaetuya55 | 2010-11-23 10:22 | 金沢の洋館

角島家住宅店舗及び主屋(旧イヅミ薬局/現・花のアトリエ こすもす)

今日の行った現場の近くにある店舗です。
場所は金沢横安江町商店街の入り口で西別院の前になります。
「角島家住宅店舗(旧イヅミ薬局)」です。
e0209441_15153316.jpg

今は花屋さん「花のアトリエ こすもす」になっています。
昭和3(1928)年建築の木造3階建,切妻造,鋼板葺一部桟瓦葺です。
e0209441_15223878.jpg

店舗部分である正面1階がスクラッチタイル貼り,2階以上が銅板張りになっています。
e0209441_15242598.jpg

金沢市内で、外壁面に銅板をこれだけの規模で張り上げている建築物は、
もう現存していないと思われます。
e0209441_15245298.jpg

店舗上部には板金で「局 薬 ミ ヅ イ」の店名が施されています。板金の職人さんが
丁寧に手作りで仕上ています。
また、建物上部にはアクセントモールがこれも板金で施されています。
e0209441_15401971.jpg

看板の横には丸い可愛い照明が...
e0209441_15311587.jpg

それから...東端にモルタル塗の外壁を立ち上げ、アクセントを持たせています。
e0209441_15315757.jpg


実は現在、営業しているお花屋さん「花のアトリエ こすもす」の店主の方のお名前は
角島いずみさん...偶然にも看板とおなじ名前です。

設計者や建築した業者は不詳ですが...大正から昭和初期にかけてのモダンな
雰囲気を醸しだしています。登録有形文化財に登録されています。
by kaetuya55 | 2010-11-22 15:41 | 金沢の洋館

金沢 大手町・尾張町界隈~其の参~

この界隈は明治・大正から昭和初期に建築された洋館が数多くあります。
「旧田上医院」から数分のところに...
e0209441_23111681.jpg

「旧村松商店(村松商事株式会社ビル)」があります。
昭和3(1928)年に建てられた鉄筋コンクリート2階建て(一部3階建て)の建物です。
モール状の帯装飾が施され大正から昭和にかけてのモダニズムが色濃く反映されています。
e0209441_2317721.jpg

設計者と施工業者は不明です。登録有形文化財に指定されています。
現在は空きビルになっています。

浅野川に近い橋場町交差点には...
e0209441_23235250.jpg

「旧高岡銀行橋場支店(旧石川銀行橋場支店)」があります。
昭和4(1929)年に建築されました。設計施工は清水組(現・清水建設)です。
高岡銀行の後には加州相互銀行にそして2003年までは石川銀行として営業していました。
石川銀行の破綻後、金沢市立「金沢文学館」としてオープンしています。
橋場町交差点の歪な形の土地に立地しているため、ファサードが左右不対象に曲線を描く
壁面になっています。正面玄関には重厚な付け柱が配されており、ネオルネッサンス様式風の
建物とも言えます。この建物も国の登録有形文化財に指定されています。

今日の最後は...橋場町の「金沢文学館」から50mくらい近江町市場寄りにある...
e0209441_23401615.jpg

昭和5(1930)年に建てられた「旧三田商店ビル」です。設計・施工は大林組です。
e0209441_23491362.jpg

交差点に面した角に出入り口を配し、2階部分にバルコニーを設けています。また、出入り口と
2階バルコニー開口部周りには装飾が施されています。壁面はスクラッチタイル貼りです。
金沢だけではなく現存する近代建築の中でも最高レベルの美しさだと思います。
この建物も国の登録有形文化財に指定されています。
by kaetuya55 | 2010-11-20 23:49 | 金沢の洋館

金沢 大手町・尾張町界隈~其の弐~

石黒ビルの角を大通りから裏通りへ...
NHK金沢放送局そばにその家がありました。
e0209441_18183197.jpg

I邸...一般の住宅です。昭和の初めの建築と思われます
e0209441_18352541.jpg


ここから歩いて数分で旧田上病院があります。
e0209441_18371512.jpg

昔ながらの病院...って感じの建物です。昭和6(1931)年建築の建物です。
設計は坂本宇吉氏、施工は松井組です。外観は結構くたびれて古びた感じですが...
デザイン的には現在に通用する、当時としてはモダンな病院だったと思われます。
そして...その病院に続いて建っているのは...
e0209441_1844380.jpg

旧田上邸です。昭和7(1932)年に建てられた煙突付き二階建て住宅です。
玄関周りはカラフルなタイルで装飾されています。玄関戸は重厚な木製ドア!
e0209441_1847395.jpg

この建物も病院と同じく現在の感覚と相通じるデザインだと思います。特に玄関廻りの
装飾などに当時のドイツモダニズムを反映しています。
設計は本院と同じく坂本宇吉氏、施工も同じく松井組(現・松井建設)。
by kaetuya55 | 2010-11-20 18:57 | 金沢の洋館

金沢 大手町・尾張町界隈 ~其の壱~

今日は昨日に引き続きいい天気です。
少し歩くと肉汁が...いえ汗が...暑いくらいです。

今日は金沢市内のお城に近い大手町・尾張町界隈を散歩です。
この付近は江戸時代は金沢で一番の繁華街...何せお城の大手門の前ですから。

先ずは...
旧大和田銀行(現・福井銀行)金沢支店...
e0209441_16383738.jpg

120年前に福井・敦賀で設立された、旧大和田銀行の金沢支店として、昭和3(1928)年に建築されました。
戦後、同じく福井に本店を置く福井銀行・金沢尾張町支店となり2007年まで営業していました。設計・施工は飛島組(現飛島建設)です。典型的な昭和初期の重厚な銀行建築です。

続いて...
e0209441_16465212.jpg

旧金沢蓄財銀行本店(現・北陸銀行)です。明治40(1907)年に建築されました。土蔵造りの銀行建築です。
明治時代の地方銀行・金融機関の典型的なスタイルです。屋根は入母屋造りで上には鯱が乗っています。正面の腰壁は地元の高級石材「赤戸室石」が使われています。昭和52(1977)年まで北陸銀行尾張町支店として営業していました。現在は町民文化館として一般公開(無料)されています。因みにこの建物が建った年に私のおじいちゃんが生まれました...余談ですが(笑)

同じ通りを橋場町方面へ進むと...
e0209441_1732747.jpg
e0209441_1733727.jpg

旧石黒ファーマシー本社(現・石黒ビル)です。1階はコンビニになっていて何の変哲も無いビルですが、窓廻りの装飾や壁面の蛇腹の飾りなどが非常におしゃれ...大正15(1926)年建築とは思えないモダンさで、当時の金沢では最先端のオフィスビルだったことは容易に想像できます。設計は「関西建築界の父」と言われる武田五一氏です。同氏は東京の国会議事堂や大阪の淀屋橋・渡辺橋・桜宮橋...それから京都市役所の設計をしました。施工は清水組です。
by kaetuya55 | 2010-11-20 17:31 | 金沢の洋館

「旧検事正官舎」と「旧高峰邸」そして「S邸」

金沢地方裁判所の旧検事正官舎です。
e0209441_20191343.jpg

金沢城大手町の黒門前緑地の中にあります。
1910年(明治43年)に兼六園下の現在の裁判所近くに建てられました。
しかし、1918年(大正7年)、市電の敷設工事による道路拡幅で現在の場所に移築されました。

この黒門前緑地の中にはアドレナリンやタカジアスターゼで有名な高峰譲吉博士の旧宅が
移築されています。
e0209441_20181265.jpg


そして...この黒門前緑地の隣には、和洋折衷の建物が...一般のお宅の住居です。
e0209441_20225481.jpg

金沢にはこんな感じで普通に洋館が存在してます。
by kaetuya55 | 2010-11-17 20:24 | 金沢の洋館